「心」を知る

「嫌われる勇気」よりも「傷つく勇気」の方がいいかも。

「嫌われる勇気」って不思議なタイトルですよね

ベストセラーの「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」という本があります。これは有名な心理学者のアドラー心理学の解説本ですよね。


なかなか挑戦的なタイトルですが、
「他人が自分のことを嫌うかは、自分ではコントロールできないので、嫌われないようにしよう、を行動指針にしても意味がない」
が主旨だと思います。

私たちは、他人に嫌われたくないので、いい人であろうとしたり、やりたくもないことを犠牲・ガマンしてやったり、本当の気持ちを隠したりします。
それをしていると、疲れてしまうし、自分も楽しくないことがほとんどです。

自分軸ー他人軸の考え方でいくと、これは他人軸の生き方になります。

なので、自分軸=私がどう思うかを大切にしよう、ということになります。

「傷つく勇気」の方がマッチする気がします

ところで。
「嫌われる」という表現そのものだが、受動態だし、「他人軸」な感情だなと思いました。


嫌われる怖れを持っているのは自分ですが、嫌うかどうかは他人さまなので、「嫌われる」と言っている時点で「他人軸」前提ということになりますよね?


なので、「嫌われる勇気」って聞いたときに、受け身だし、自分軸がないものをよしとする、というなんだか変な違和感がが残る表現だなと感じました。

嫌われることで「自分が」どんな感情を持つかと言うと、
ショック、
だと思いますので、
本当は「傷つく勇気」の方が、自分軸的な表現だと思うのですが、どうでしょうか?
(もちろん、誰も傷つきたくはないですが・・・)

他人がどう感じるかは自分次第ではないのか?


他人がどう思うかは他人の問題(他人の判断にゆだねること)なので、自分の思いを大切にして伝えていくことが大切。

なのですが。
ここでいただいたご質問です。

「他人がどう感じるかは自分に原因があることもありませんか?(だから、相手がどう思うかを気にしないことはできないのでは?)」

その通りだと思います。
自分の言動、ふるまい・・・・何かアクションを起こすことで、相手が何かを感じます。

自分由来ですから、自分に原因はあると言えばありますよね。

これは、主体性、自己責任(アカウンタビリティ)の原則に立ったお話になります。

もちろん、守った方がいいマナー・ルールもあるでしょう。

相手が理解しやすい、協力しやすい表現や態度を工夫する、ということもあるでしょう。それ次第で、相手の感情が変わる可能性はあるので、他人がどう感じるかは自分次第のところもありますよね。

でも、それでもなお、自分がどれだけ相手のためを思って配慮したところで、相手がどう思うかは、相手の感情なので、100%のコントールすることはできませんよね?
忖度してもキリがない、ということです。

他人軸で生きていないか?

もう一つあります。

「他者に、理解してもらいやすい表現・マナーに配慮する」
というテクニカルな話と、

「(きっと、あの人はこれだったらOKだろう、という)他者の価値観や考えを(自分とは相いれなくても)意思決定の基準にする」

という軸をどこに置くのか?という話が

ごっちゃにしない方がいいと思います。

前者の方は、動機が、相手も私もWIN-WINの関係を作るための配慮ですよね?
相手にも意見がある、私にも意見がある、その違いを尊重しながら、円滑なコミュニケーションをとるためのものです。

後者の方は、私の考え、意見は二の次になっているので、結局そこに犠牲や我慢を抱えたまま。

相手にとってはOK,私にとっては不本意、というWINーLOSEの関係です。


自分軸ではなく、他人軸になっています。
(もちろん、他人軸の生き方が、楽で幸せならそれでもありですが、もしそうなら不満や文句はないはず)

この2つは違うので、ほぐして考えてみましょう。

主語を自分にして伝える

伝えたい内容が、自分がどうしたいのか?を基準にしているものなのか、相手がどう思うのか?を基準にしているものなのか?
どちらなのか?

ここがごっちゃになっていると、自分の本心がなんなのかわからなくなってしまいます。
例えば
夫が、仕事が忙しいと言って、なかなか家事をやってくれない。私だって、仕事が忙しくて、大変。お風呂掃除とゴミ捨てだけでもやってくれたらいいのに。

と思っているとします。

伝えたいことは
「私だけ家事をやっていると、心身ともに疲れてしまうし、すでに回らなくなっている。お風呂掃除とゴミ捨てをやってくれたら私は心身とも楽になれる」
と言うことです。


あくまでも、主語は、自分です。

この思いを伝えるにあたって、例えば、夫が耳を傾けてくれやすい週末を狙って話をするとか、伝え方に工夫をする、ことはあるでしょう。

でも、これだって、いくら配慮したつもりでも、うまくいくのかわからりません。

それも含めて、やっぱりわからないことなのですが、うまくいくための作戦として前向きに挑戦できるなら、工夫の範疇ですよね。

もし、ここで、
「夫の機嫌が悪くなって反撃されそうだから、お風呂掃除は諦めて、ゴミ捨てだけを言ってみようかな」

とするのは、妥協なのか作戦なのか微妙な感じがしますが、


前提にあるのが
「夫の機嫌が悪くなりそう・反撃されそう」という不安・怖れです。

本当は両方ともお願いしたいという自分の本心に蓋をしますから、犠牲と我慢ですよね?


これが「他人軸」的な判断の仕方になります。

自分がお風呂掃除とゴミ出し希望ならそれを伝えてみる。
伝えてみないとどうなるかはわかりません。

最終的には、自分の言動が相手にどう思われるか気になるというのは、自分が傷つきたくないという不安、怖れがあります。
誰しも傷つきたくはないですが、傷つく勇気を持てば、挑戦もできるかと思います。

冒頭にお話ししたように、自分が傷つくことと、嫌われることは別モノです。


嫌われないかもしれないし、嫌われるかもしれない。
それは相手次第。

最終的には自分が傷つくかどうか・・・
傷つく勇気を持つということは、主人公が自分にある、状態だと思います。

個人セッションを
受けてみませんか?

オンラインセッション


あらゆる癒しのお仕事をされている方、心に興味のある方、深い気づきをもたらす提言・提案型の個人セッションを受けませんか?

癒し手の方には、セッション力アップに役立つアドバイス満載で好評。

詳しくはこちら

-「心」を知る
-,