個人セッションに役立つ知識

「親ガチャ」~スピリチュアルなカウンセリング・ヒーリング・セラピーで親子関係を扱う際の注意点

「親ガチャ」はあるのでしょうか?

最近、「親ガチャ」という言葉を耳にします。

今日のネット記事でも、

「親ガチャ」とはようするに、自分の両親や生まれた家庭環境は選べない、いうなれば完全な運任せであることを、ソーシャルゲームの「ガチャ(=クジ引き)」になぞらえたネットスラングである。

親ガチャ、反出生主義…若者たちは「人生のネタバレ」に絶望している より

(ソーシャルゲームをしないので「ガチャ」の語感がピンとこない・・・けどなんかわかる気がする)

確かに

自分の両親や生まれた環境は選べない
ですよね。


両親や環境次第で形成される性格や価値観、人生はあります。
だから、カウンセリングとかセラピーはそれらを扱うわけで、影響がないなら、親や生育環境を扱う必要もありませんね。

この記事にもあるように、

自分が努力するかどうかよりも「運(親の遺伝子、親の所得、親が与えてくれる生活環境、人間関係)」が人生においては決定的にモノをいう。いや、それどころか「努力できるかどうか」すらも「運」によって影響を受けてしまう。これは世迷言ではなく、歴然とした科学的真実としてかれらの眼前に突きつけられている。

どんな親の元に生を受けるか?それを、ガチャ=運次第だと言うのは、子どもの立場では、そう思うのは無理もないことだと思うんです。

だって、産んでくれと頼んだ覚えはないし、ましてやこんな親や境遇のもとで生まれたかったわけじゃない。
そう思いますよね?

私は「親ガチャある」と思っています。

スピリチュアルでは「選んで生まれてきた」と捉えるけど

ところで、スピリチュアル系の考え(真理?)では、

子が親を選んで生まれてきた。魂があの世から、あそこに行くぞ!と「選んで生まれてきた」

と言われています。


親のせいじゃなくて、あんたが選んだんだよ~!という考え方です。

本当にそうなのかもしれませんが、私にはわかりません。あそこの家にいくぞ!と思って、生まれてきた記憶がないし、誰にも証明ってできないですしね・・・



※「胎内記憶」と言って、あの世からなぜこのお母さんを選んだのか?そして生まれるまでを覚えている子もいるそうです。物心ついてすぐなら覚えているそうですがだんだん忘れてしまうそうなので、会話ができる年齢になったら質問してみると答える子がいるそうです。



この「選んで生まれてきたのは私の自己責任」論にはメリットがあります。

  • 自分の環境を受け止めることができる(場合がある)
  • 自分が選んできた=主体的に自分の人生を自分で選択していく強さとモチベーションを持つことができる(場合がある)

※あくまでも「場合がある」と言うだけで、自分が選択したという主体性論(アカウンタビリティと言います)とそれに基づく運命を受け入れられない場合も多々あります。

なので、親子関係や生育環境に起因する問題を抱えているお客さまに、「選んで生まれてきたのは私」論、「自己責任論」を説明するスピリチュアル系ヒーラーさん、カウンセラーさんはめっちゃ多いです。

もちろん、この考え方が悪いわけでもなんでもありません。

でも、これを相手の状況や心情をおもんばかることなくスピリチュアルの常識として、軽々に伝えることは、かえって、お客さまをつらくさせたり、こじらせます。

  • そんなこと言われたって、選んだ覚えないし(怒)
  • 私が選んだとしたら、私めっちゃ自分が不憫すぎてかわいそすぎます。
  • 私が選んだとしたら、なんで私はあんな親を選んだんだろう(という怒りと自責の念)

こんな気持ちになる可能性が大です。

「選んだのは自己責任論」を使う上での注意点

例えば、親から虐待されて育った人、その日食べるものもない貧困時代があった人・・・・そんな人を前にして、サラッといえるようなことではないと思いませんか?
自己責任でその親を選びました、と言われても・・・って思いますよね?

というわけで、楽になるつもりでセッション受けたつもりが、かえってしんどくなった、お金の無駄遣いだった。そう思わせてしまう可能性があるのです。
結局は、継続してセッションを受けていただけないので、ヒーラーさん自身にとっても、いいことではありませんよね。

特に、ご自身が客観的に考えた時に、大きな問題がなかった「恵まれた家庭に生まれ育った」バックグラウンドを持つヒーラー・カウンセラー・セラピストさんはかなり要注意です。

なぜかと言うと、

自分が恵まれていたことに無頓着で、相手の環境とのギャップに気がつかず、心の痛みがわからないことがある。

わからないことが悪いわけではなく、わからないまま、さらっと「あなたが選んだ」と伝えたら、それはお客様が気が付きます。この人、わかってくれない人だな、と。
その瞬間に、お客さまからの信頼を失ってしまい、セッションの効果が薄れてしまうこともあります。

恵まれていたことが罪悪感になり、相手の問題を扱うことに躊躇してしまう

恵まれていてごめんなさい罪悪感、と呼んでいます。実はこれ結構持っている人が多いのですが、自覚がないことがほとんどです。
相手が恵まれていない環境の場合に、その罪悪感を感じたくなくて、上から目線になるか、遠慮して下手になります。いずれにせよ、お客様と対等に向き合うことを妨げてしまいます。

なので、自分自身が、
おそらく世間一般では恵まれていた家庭であったこと。もちろんその中でもいろいろな問題はあったと思うのですが、それでもやはり相対的には恵まれていたこと、をしっかり受け止めておくことは必要かなと思います。

安田未稀
これが社会の中でスピリチュアルなことを扱う上で、大切なことではないでしょうか?
(地に足の着いたスピリチュアル)

もし、この「選んで生まれてきた」論をお話するなら、配慮が必要です。

受け入れがたいお話かもしれないけど・・・などの前置きを忘れない。

信頼関係ができている段階でお話する。

ご本人にスピリチュアル的なものへの抵抗感がなさそうな方のみに伝える

ぜひ、これに留意してみてください。
お客さまの受け止め方が和らぐので、主体的にセッションに臨めるようになります。

同じ親から生まれても、きょうだいで異なるのはなぜ?

ところで、同じ親から生まれても、まったく違う生き方をするきょうだいもたくさんありますよね?

となると、親ガチャや環境だけでは説明できない何かが影響しているとしか言えません。科学的な説明は根拠のある説明は誰もできていないのでは?

となると、「魂」が違うから、としか言いようがない気もします。

そう思うことで、少しでも心穏やかになれる、いい意味であきらめがつく、主体的に人生を切り開くきっかけを持てる、ならありじゃないかと思います。

スピリチュアルの強みは、証明できないからこそ、説明のつかないことに、理由付けできる、ことにあると私は思っています。

「魂」が何度も生まれ変わっているのなら、過去世からの影響も、人それぞれだし、きょうだいであっても違います。

もちろん過去世・前世を信じるかどうかによりますが、親ガチャで外れたと思っている人の多くは、「なんで自分だけ」と思っているので、
この「なんで」に対する答えを心のどこかでは欲しいと思っている人もいるように感じます。

過去世リーディング、ヒーリング、セラピーができる人の強みをここで発揮できると思います。
とてもつらい環境だけど、「その人の魂」が今世生まれてきた目的を知る、天命がわかるようにセッションできると、大きな気づきが訪れたり、変容が起きる可能性があります。

親ガチャのみならず、地方ガチャ、国ガチャ、時代ガチャな気分の方もおられると思います。
私なぞ、生まれた星が違うという、星ガチャ外れな気持ちがあるぐらいですが・・・

親ガチャに外れて、苦しい気持ちでいっぱいの人に、それでも何か、少しでも今よりも楽になれるよう、その方の魂・本質とつながるようにセッションができるヒーラー・カウンセラー・セラピストさんであっていただきたいなと思います。

個人セッションを
受けてみませんか?

オンラインセッション


あらゆる癒しのお仕事をされている方、心に興味のある方、深い気づきをもたらす提言・提案型の個人セッションを受けませんか?

癒し手の方には、セッション力アップに役立つアドバイス満載で好評。

詳しくはこちら

-個人セッションに役立つ知識
-