スピリチュアル

「意識の高い人、低い人 」「波動の高い人、低い人」

これ、スピリチュアル系が好きな人にとても多い表現なのですが、

意識の高い人、低い人

波動の高い人、低い人

そういう表現をすることがあります。

実は私はあんまりこの表現が好きじゃないんです

正確に言うと、これを他人への決めつけ

ジャッジに使う人が好きじゃないんですね

高い意識かどうか、波動が高いかどうかなんて

誰が測るのかっちゅう話で

あくまでも自分を起点にして自分というフィルターを通し

相対的にい高い低いって言ってるだけ

しかもどこかで高い低いを判別できる自分の優越感とか特別意識が隠れてる気がするんですね

他人との比較をしない

他人をジャッジをしない

というのをなしにはできないとは思いますよ

でも、

大事なのは

自分自身が高い意識を持ててるか

波動を高くできてるか

自分自身がどう思うかだと思うんです

自分自身を振り返るために使うものだと思うんです

もっと簡単な表現、使えば

私っていい気分で生きていられてるか

私って幸せって感じられてる

私らしく生きていられると思えるか

心身共健全って感じられてるか

そういうことだと思います

決めつけスピリチュアルには

ご用心かなーってあたしは思いますよ

個人セッションを
受けてみませんか?

オンラインセッション


あらゆる癒しのお仕事をされている方、心に興味のある方、深い気づきをもたらす提言・提案型の個人セッションを受けませんか?

癒し手の方には、セッション力アップに役立つアドバイス満載で好評。

詳しくはこちら

-スピリチュアル