「心」を知る

制限を作らず、多様な選択肢を持ったほうが、自由になれる。

先日、

女度を上げるために、
かわいい系はじめ、
いろんな洋服を着たことがあるという話をしました。

あれもありこれもあり

ジェンダーレスの時代になっているので

男らしさ、女らしさ

と呼ばれるものに、
極端に価値を求めていくのも
どうかとは思いますが、

ジェンダーレスだからこそ
男らしさも女らしさも
1人の人間の中で、どんどん開いていって
いいんじゃないかと思うのです。

つまり。

あれもありこれもあり、で。

そして、その中から選ぶ

私の場合、
ピンクのプリプリブラウスを否定している時点で
自由じゃないし、制限になっていました。

もしかして、すんごーい似合うかもしれないし
大大大好きになって
このジャンルに覚醒するかもしれないのに、です。

挑戦し、着て満足したらどうなったかというと。

かわいいピンクのブラウスもある。
シンプルな白いオープンカラーシャツもある。

私は、
プリプリブラウスより
シャツのほうが
自分に似合っているし、好き。

と、納得し、プリプリブラウスは処分しました。

あれもある、これもある、
という多様な選択肢を
持つほうが
自由だし

積極的にコレ!と選びやすくなります。

あれもあるこれもある

けど、
私は「シャツを選ぶ」

と。

しかも。
こういう選び方をしたときって、
選んだ先も
選んだ自分のことも好きだし
ご機嫌になれます。

この選び方って、あらゆることで結構大事

だなと思います。

-「心」を知る
-