セッションの知識

カウンセリングとは?心理療法(セラピー)とは?

さて今日のお話は、
カウンセリングって何をやるのか?心理療法(セラピー)って何をするのか?

のお話です。

最近もまた新しいお客様にご利用いただく機会が増え、
カウンセリング自体が初めてです!
という方がほとんどです。

改めて、
カウンセリングと、心理療法(セラピー)について。

カウンセリングって?

自分のために時間とお金を投資する

人って話を聞いてもらうだけで、
ラクになることってありますよね?

でも、家族や友達には言えない話とか、
毎回聞いてもらうのも、身近な人にほど
申し訳ないと思ってしまいます。

それをちゃんとプロの人に
お金を払って聞いてもらう。

実はこの「お金を払って」に意味があります。

なぜかと言うと、前述したような心配が不要だからです。

守秘義務があるから誰にも言わない
家族や友達じゃないから気遣いがいらない。

それをサービスとして提供している人に
お金を払うのは
実は、ご自身のため、なんです。

↑これ、私の仕事の正当化じゃなくて、必要性ですからねー

それに自分の時間とお金を使っている場合は、
必死になります

だから自分のテーマに真剣に向き合うから
友達とただお茶したり、飲みに行くのと
全然違うわけです。

実際、私が最初にクライアントとして利用し始めて、
感じたことです。

カウンセリングでやること

自分の心を整理し、自分なりの答えを見つけていくものです。

実は、お話をされている側も
何が困っていることなのか?
何にストレスを感じているのか?

何をどうしたいと思っているのか?
わからない
ことって結構多いんですよね。

あれこれ考えちゃうから。

それをきちんと明らかにすること。

そして、自分なりの答えを見つけていくこと。

そのために、カウンセラー側から
必要な心理知識や経験に基づいたご提案はさせていただきますが、
最終的に決めるべきことはご自身で決めていただく
そのためのお手伝いをさせていただきます。

「心理療法(セラピー)」ってなに?

実はこれがいちばんご質問でお答えが難しいんですよね。

というのも、
「心」という目に見えないものを扱わせていただくので。

私のカウンセリング(+コーチング・コンサルティング)では、
頭の整理をしたり、新しい視点、考え方、物の見方を
知っていただくことで、
心の整理がついたり
変化することは可能です。

しかし、それだけでは大きく変われないこともあります。

なぜかと言うと、

「心」の奥底で、変化することを拒む何かがあるからです。

その奥底にある傷みをケアしたり、
変化を阻む心の制限を取り除いていくためには、
「セラピー」と呼ばれる心理療法を行います。

「心」そのものにアプローチしていくものです。

と言われても
やっぱりわからないですよね?
(私もそうでした)

「心」が動く体験ってありますよね?

例えば、旅先で
雄大な山やきれいな海など、
すばらしい景色を観てスッキリした~癒された~と思うことってありますよね?
明日からまたがんばるぞ~とかね。

それは実際にその場に行って体感して得られた感覚ですよね。

山や海が直接あなたに
何かをしてくれたわけでもないのに
あなたの心を
山や海は動かしてくれたわけです。

それと同じように、セッションでは
「心を動かす」ために場面を設定したり、
過去の記憶をたどっていくことだったりします。

それは小学校の時に、友達とケンカしたことかもしれません。
大人になって失恋したあの体験かもしれません。

お父さんやお母さん、
元カレ・元カノと遊んだあのことかもしれません。

職場で仕事のミスを責められてつらかったあの日の私、かもしれません。

そんな風に、あなたの心が何か動く場面が
山や海のようなもの。

あなたの心がなぜがスッキリしたり
あったかい気持ちになったり
うれしくなったり。

そんな「心の動き」があると
今、あなたが持っている問題、課題、現状を動かす、変化させることが期待できます。

これが心理療法(セラピー)と言われるものです。

個人セッションでは、
カウンセリングに加えて、必要に応じて心理療法(セラピー)を行います。

その場合、基本個室の部屋です。
一部、喫茶店などのオープンスペースで可能なものもあります。

-セッションの知識