「心」を知る

「自分軸」を作るために、「ひとり」を楽しむことは大切。

先日、登場した、彼女と別れた大学生Kくんの話です。

Kくん、おひとり様を満喫中

彼女と別れて、どんな気分かと言うと、

「気持ちハレバレ!なんて幸せなんだ!」

だそうで。

ザ・解放感を堪能中

 

よほど彼女との付き合いが、
「苦しみ」でしかなかったようですね。

本来のパートナーシップって、2人でいると2人でいるなりの楽しさがあるはずなのに・・・

 

そして、お1人様を満喫中のKくんは
友達の女性と遊びにいったり、
あんなことしたり、
あんなことをしたりで

「楽しい!」

誰と何をしても自由なので、
それがたまらなく心地いいみたいです。

Kくんが欲しかったのは、
この「選べる自由」
だったみたいですね。

 

前回書いたように、そもそも、
好きだからではなく、
付き合える相手と付き合っていたわけですから、
「好き」を選んでない時点で、不自由だった、わけですが。

「ひとり」を楽しむ大切さ。

パートナーシップでは、
パートナーがいないと私の人生が楽しくない
となると、
相手に依存していることになっちゃいます。

なので、

自分ひとりでも楽しい。
そして、パートナーがいたら相乗効果で楽しい
ひとりとは違う楽しさがある。

だと、自分軸をキープしたまま
パートナーシップのすばらしさを感じていくことができます。

この逆で、ひとりの寂しさ
も知ってるから
ふたりでいることの
ありがたさも感じられます。

なので
「ひとり」を満喫することって、
次のパートナーシップを手に入れるためにも
とても大事な時間。

どんな別れ方をした場合でも。

Kくんの場合だと、
いま、感じられているこの「選択の自由」

もしパートナーを持つことで
これをなくすことになるなら、
それはKくんの欲しい相手やパートナーシップではない
ということになっちゃうし、
嫌だと思うんです。

自分軸を確立していくためにも
あ、これ自分にとって大事!
これ、自分は楽しい!

ってことをいっぱい見つけて
味わっていく。

そういう時期って
必要だなって思いますー。

 

 

 

 

-「心」を知る
-,