「心」を知る

【子供を持ちたくない女性 No.9】女性として生まれてきた目的はなに?

子どもを持ちたくない理由として、

自己嫌悪が強い場合がある、というお話をしました。

自分のことが嫌いだと、そもそも生きていること自体が辛いので、

このしんどさを自分が生んだ子にも味合わせるのか?
そう思うととても申し訳なくて産めない。

なので、対処としては、

(1)自己嫌悪を減らす
(2)生きる目的を考える・知る

なのですが、前回は(1)に触れました。今回は(2)の対処について書きます。

なぜ女性として生まれてきたのか?

もし、魂がですよ、本当かどうかわかりませんが、輪廻転生を繰り返して、今世はある目的をもって生まれてくるとします。


しかも、男性じゃなくて女性として産まれてきました。


もし、それを選んで生まれてきたとしたら、なぜだろう?

仮に魂が集まっているあの世というものがあり、
そして、きっとその魂には性別なんてないわけで。


地球という星に、女性として生まれていくわー
と決めて、生まれてきたとしたら?

女性として生まれる以上、産む性を負わされるわけですし、
なんで男性じゃなくて女性として生まれてきたんだろう?

目的と照合してみる

そして。

女性として生まれてきたことに目的があり、
その目的に照らし合わせたとき、


子どもを持つということ、あるいは持たないということが
自分の生まれてきた目的に沿う気がするのかどうか?

を感じてみるということです。

これは、なぜ欲しいと思えないのか?に疑念に対する答えは得られないかもしれません。


でも、実際、子どもを持つのかどうか?という「選択」をすることに関しては、ヒントが得られるかもしれません。

-「心」を知る
-