「心」を知る

「いつも何かをパクられる」という方。

何かとすぐ他人からパクられるという方、いませんか?


※パクられる=真似される、マネされる

ファッション、ヘアスタイル、持ち物、言動、など
気が付いたら、あの人が私と同じ!!ということ、ありませんか?

私がご提供しているカウンセリングでも
「しょっちゅうパクられて、嫌になっちゃうんです」
とよくお聞きします。

なぜパクられるか?

それは、パクる側が

あなたのことをうらやましいから。

(嫉妬&羨望の両方含む)

でも、あなたが嫌な気分になるのもわかります。
オリジナルで考えたものをあっさり人にマネされるなんて。
しゃくですよね。

それなりに労力と時間とお金もかけてるんだと思いますし。

パクられたらどうしたらいい?

パクられて嫌な気分になるのは、自分がもともと持っている能力の部分以上に
「私だって努力している!」
というガンバリの部分をスルーされて、成果物だけ横取りされた気分になるからじゃないでしょうか?

けど、あなたは「誰か」のためじゃなくて、
「自分のため」にやっていることのはず。


努力してる部分でさえも。

だから、
誰かにパクられようが、

このまま、とことん楽しめばいいんだと思いますよ。
自分のために。

(もし、自分以外の「誰か」「何か」のためにやっていて、あなたの「がんばりを認めてほしいのに!」という願望が苦しみの原因なら、そこは大事なカウンセリングポイントです~)

パクられるからといって、自分が遠慮する必要はないし。

で。パクられるのは、有名税だと思ってください。
(もちろん法的に権利関係があるものは、無視できないしょうが)

アイドル税でも
カリスマ税でも
好きな名前を付けてください。

パクられるぐらい輝いている人は、
セクシャリティが開いている状態。
(男性、女性、人としてエネルギがー満ち溢れている状態)

パクる側はセクシャリティに自信がなかったり、開こうとレッスン中な人なのです。

パクられることにうんざりして、あなたまで閉じる必要はないんです。

自分の価値を受け取り続ける

パクられることに、あなたが都度、イライラするということは、
パクられるぐらい、羨望&嫉妬されることに、
何かしっくりきていないはず。

例えば、インフルエンサーと呼ばれる人たち、あこがれのアイドル、女優さんというのは、自分のファッション、ヘアスタイル、ライフスタイルをまねされることが快感だったり、自分のステイタスだったりします。

そのポジションが自分にとって心地よかったり、その立場にある自分を受け入れきっているということです。

ですから、あなたがもし、パクられることにこだわり続けるとしたら、
このインフルエンサーのポジションを自ら「居心地の悪いもの」にしてしまっていると思います。

ということは、周りが思う以上に、あなたの自己価値は低いのかもしれません。

あなたがどんどんまねされるぐらい価値がある自分を受けいれ、認めていったら、パクられることにもさほど気にならなくなると思います。

パク「られた」は、被害者の立場に立っている表現。
でも、パクった側は悪いことしている感もなかったりしますし、
うらやましいということがほとんど。
だから、パク「られた」よりも、パク「らせた」の方が、自分が主人公になる言葉。

パクらせるぐらい、私って価値があるんだ。

そう思うことが抜け道です。

-「心」を知る